シミ・たるみにいい?フィト発酵エキスについてまとめてみました

【フィトリフトオリジナル】フィト発酵エキスについてまとめてみました

フィトリフトにはあらゆる成分が配合されていますが、その中でもひときわ目を引くのが「フィト発酵エキス」ですよね。
シミ、たるみにいいといわれているフィト発酵エキスですが何なの?と疑問に思いますよね。
この名前は初めて聞いたという人ばかりだと思うので、今回はこのフィト発酵エキスについて詳しく調べてみました

 

フィト発酵エキスってどんな成分?

フィト発酵エキス

出典:http://www.phytolift.jp/ad/lp01/108/default.html?media=W485&trflg=1

フィト発酵エキスは、フィトリフトが独自に研究を重ねて誕生したフィトリフトオリジナルの成分なんです。

現代医学では悪い部分を薬で治すという考えが一般的ですよね。
しかし、私の身体にはあらゆる部分に免疫細胞のマクロファージが存在していて、健康を支えるための仕組みを作っています。

その仕組みを強化するためにさまざまな研究が進められて、マクロファージ活性化素材としてフィト発酵エキスが誕生したんです!!

そんなフィト発酵エキスは米や小麦、じゃがいもなど食べれる植物に共存しているパントエア菌という微生物の細胞壁から摂れる糖脂質です。

ほんの少しの量でも免疫活性化効果を発揮するのが特徴で、同じ微生物成分と比べてもパン酵母の約10万倍、乳酸菌の約1,000倍以上の効果が期待できると言われているんだとか♪

でも、こんな数字を見ていても何が肌に良いのかいまいちピンときませんよね。
そこでフィト発酵エキスはどんな成分なのか、肌にどんな効果があるのか詳しくまとめてみました!

 

フィト発酵エキスには2つの主成分がある

フィト発酵エキスには2つの主成分が配合されています。
まずはそれぞれがどのような成分なのか、詳しく見ていきましょう!

アレルゲン性の低い穀物白タカキビ

白タカキビ

出典:https://goo.gl/f5EyxS

白タカキビはキビの1種で、別名「ホワイトソルダム」「コーリャン」などと呼ばれています。

穀物なのでお米や小麦の代わりに使われることもあります。
しかし、低アレルギー物質としてアレルゲン性が低い穀物として重宝されているため、食物アレルギーがある人でも使いやすい穀物なんだとか。

乳酸菌の1,000倍以上の免疫活力を持つパントエア菌

パントエア菌は先ほど紹介した通り、お米や小麦、じゃがいもなどの植物に共存している菌のことです。

菌というとネガティブなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、パントエア菌や酵母菌や乳酸菌のように免疫活性力があり、私たちの身体を健康的にしてくれる良い菌なんです♪

そんなパントエア菌はパン酵母の約10万倍、乳酸菌の約1,000倍以上の健康効果が証明された菌として注目を集めています。

パントエア菌

出典:https://www.phytolift.jp/about/

まだまだ発見されたばかりの菌ですが、これからの活躍にも注目していきたいですね♪

 

フィト発酵エキスは自然由来の成分だから安心

フィト発酵エキスはこのような2大成分を活用して作られた成分です。
フィトリフトにはあらゆる成分が配合されていますが、このフィト発酵エキスは白タカキビを使ってパントエア菌を発酵・培養して生み出された糖脂質エキスです。

この発酵過程で“微生物の細胞壁から採れる糖脂質”が生み出されているというわけですね。

フィト発酵エキスはこのように食べ物から採れる自然由来のエキスなので、敏感肌の人でも安心して使える成分なんだそうです♪

 

フィト発酵エキスの嬉しい効果

フィト発酵エキスはスキンケアだけでなく、病気の予防や健康維持にも役立つ可能性があるとして注目を集めています。
そんなフィト発酵エキスは、私たちの肌に対してとても嬉しい効果を発揮してくれる成分なんですよ♪

フィト発酵エキスの効果①ターンオーバーを整える

肌のターンオーバー周期は年齢を重ねるごとに長くなります。
例えば20代の正常なターンオーバーが28日周期なのに対して、30代になると約40日になり、40代になると約60日になるように、徐々に周期が長くなっていき、60代以降は3ヶ月超えになるんだとか…

フィト発酵エキスは肌の成長因子である繊維芽細胞増殖因子を増やすことで皮膚新生をサポートして、ターンオーバーを促進させることができるんです。

ターンオーバー促進

出典:http://www.shizenmeneki.org/phyto/index.html#kitai

フィト発酵エキスを使った遺伝子発言検査によると、肌の成長因子が約10倍増えたという結果も出ているんだとか。

フィト発酵エキスの効果②アンチエイジング効果

アンチエイジングと聞くとプラセンタを思い浮かべる人も多いと思います。
プラセンタはそれほどアンチエイジング効果の高い成分として注目を集めていますよね。

しかし、本当にアンチエイジング効果があるのはプラセンタそのものではなくて、エイジングケアに必要なのは肌の成長因子がたくさん入った成分なんです。

そこでフィト発酵エキスとプラセンタを比較した結果、フィト発酵エキスはプラセンタの約2倍もの成長因子を維持できることがわかったんです。

成長因子

出典:http://www.shizenmeneki.org/phyto/index.html#kitai

この結果が出たため、プラセンタよりも高いエイジング効果があると言われるようになったんです。

フィト発酵エキスは角質層の奥にまで浸透して新しい細胞作りをサポートしてくれるので、加齢によって失われた美肌に必要な成分をまた作り出せるようになるんです。
こうして見た目年齢を老けさせるしわやシミの予防に役立ってくれるんですね♪

フィト発酵エキスの効果③ハリ・弾力アップ

フィト発酵エキスは私たちの身体に存在しているマクロファージという免疫細胞を活性化する働きがあります。

このマクロファージが活性化されると、老廃物を食べて消化し、新陳代謝を活発にすることで細胞増殖因子の産生量が増えるようになります。
このような変化によって真皮の繊維芽細胞が増殖すると、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの肌に欠かせない成分が生み出されて、肌のハリや弾力アップに繋がるんだとか。

ハリ・弾力アップ

出典:http://www.shizenmeneki.org/phyto/index.html#kitai

実際に保湿効果も高いと言われているプラセンタと比較した場合でも、約1.37倍もヒアルロン酸が増えたという結果も出ているんだそうです。

フィト発酵エキスの効果④乾燥を防ぐ高保湿効果

乾燥は肌の抵抗力や防御力を下げ、あらゆる肌トラブルや老化を招く原因になります。
そこで、肌のうるおいに良いと言われているヒアルロン酸とフィト発酵エキスの保湿力の高さを比べてみたところ、フィト発酵エキスにはヒアルロン酸の6.14倍もの保湿力があることがわかったんです!

保湿力

出典:http://www.shizenmeneki.org/phyto/index.html#kitai

さらに、フィト発酵エキスには皮脂に馴染みやすい親油性と水に馴染みやすい親水性の2つの特性を備えた分子構造をしています。
これによって肌の表面にうるおいを与えるだけでなくて、与えた水分を逃さないというダブルの保湿力が期待できるようになっているんです♪

フィト発酵エキスの効果⑤防御力アップで健康的に

フィト発酵エキスが肌に浸透するとマクロファージが活性化されます。
これによって肌のバリア機能が高まり、ダメージを引き起こす細菌やウイルスから肌を守る力が強くなります

さらに、免疫バランスが正常化されることでアレルギーやアトピーなどの肌トラブルも緩和。

アトピー改善

出典:http://www.shizenmeneki.org/phyto/index.html#kitai

このように、アトピーの疾患部に塗布した臨床試験でも肌のきめが整い改善効果が見られているのがわかります。
写真はアトピーの例ですが、肌をダメージやキズ、汚れなどから守り、強い肌をキープすることで美肌の土台作りに役立ちそうですね♪

 

さいごに

フィト発酵エキスはあらゆる有名な美容成分の働きを上回る成分として今注目を集めている成分です。
フィトリフトのオールインワンジェルならそんなフィト発酵エキスをワンステップで毎日のスキンケアに取り入れることができるので、「忙しくてスキンケアに十分な時間をかけられない!」っていう人にとっても心強い存在になってくれると思いますよ♪

こちらの記事も
よく読まれてます

ページ上部へ戻る